患者目線での診療報酬

診療報酬の未払いが後を絶たない理由を検証するに際し、まずは患者目線で医療費とそのシステムを再検証するところから着手してみたいと思います。診療報酬自体は医療機関毎に金額に格差が生じぬよう、各々の行為に対してポイント形式で規定され、それらを換算から算出されるシステムとなっています。ですが実際の診察からの対応は、全て数字で明確に割り切って捉えられるものでは無く、一連の流れの中での行為です。結果患者目線で「あっちの病院は高い」「こっちは沢山薬を出してくれても安い」など、医療行為の本質がお留守になった、根拠が見当たらぬ風評が囁かれてしまうのも、残念ですが避けられぬ現状です。

こうした感覚をお持ちの患者、あるいは経済的事情から診療報酬の支払いを渋る、あるいは実質不可能な患者を、医療機関側が門前払いする訳には行かず、結果として未払いが生じてしまいます。勿論患者側に支払い義務が明確に存在していますが、人命と健康に関わる医療行為の対価という点から、通常の債権回収と同様の督促や回収に及び辛いのも事実です。非常に残念ですが、こうした医療機関側の「弱み」を承知の上で診療報酬の支払いを渋る存在もゼロとは言えず、解決策の見極めが非常に難しくなっているのも現状です。